« ガジェットのゴーコースター (1) | トップページ | 地震、大丈夫ですか? »

2011年3月10日 (木)

海底2万マイル (1)

う~、今日もまだ寒いですね(。>0<。) 花粉症も、日が経つにつれてひどくなるし(/□≦、)

あと、1日だ~!! 明日行けば春休み(≧∇≦) 終業式は18日ねんですけどね。 月~木は、体育大会や学園祭などの代休で休みなんです(◎´∀`)ノ もう、中3かぁ~。やっぱ早いなぁ~。 僕としては、クラス替えが一番嫌なんですけどね。 人見知りなので、喋り出すのに時間がかかるので・・・。

110310_215928

昨日発売された、SKE48のニューシングル「バンザイVenus」とEXILEのニューアルバム「願いの塔」を買ってもらいました。

SKEのほうは、ノリはいいんですけど、PVがよくわかりませんでした(ρ_;) テスト終わった解放感を歌ってるの? だけど、テスト中に商店街行って踊りだしますよね・・・。 メイキング見てないので、見ればわかるのかな? 正直な感想は去年発売された「青空片思い」や「ごめんね、SUMMER」のほうが好きですね。 

EXILEのほうは、今年10周年を迎えるというので、5大プロジェクトの1つ目がこのニューアルバムの発売らしいですね! 最新曲の「Each Other's Way ~旅の途中~」をはじめ、このアルバムで初収録されたものもたくさんあります。ミュージック・クリップでは「もっと強く」や「I Wish For You」のアルバムバージョンもあります。 それから「EXILE PRIDE」完全ノーカット収録のDVDもついてます。 それからEXILEがカバーした曲も別のディズクとして、収録されています。 ポスターもついてきました(*^-^) アルバムで、5大プロジェクトの1つ目としては、かなりボリュームありますね!!

「24karzts STAY GOLD」のミュージック・クリップ見たんですが、ヤバかっこいいです(≧∇≦) もちらん、EXILEバージョンもいいんですが、KIDS&GIRLSバージョン、ヤバい!!! みんな、すごいですね! ダンスだけでも小学校からやり直したいです。 ほんとに、羨ましい限りです!!

前置き長くなってすいません。 

ほかのディズニーブログさんでも紹介がありましたが、ダッフィーのグリーティング施設がシーに7月8日、新たにオープンするみたいですね。 名称は「ヴィレッジ・グリーティングプレイス」。 これを、知った時は「またか!」って思いましたね( ̄Д ̄;; あんまり、キャラクターに会えない、シーだったはずが簡単に会えるようになってきています。 グリーティング施設を増やすくらいなら、ライドアトラクションを増やしてほしいですね! 去年オープンした「”サルードス・アミーゴス!”グリーティングドック」、それ以前からある「アリエルのグリーティンググロット」と、現在でもランドより、グリーティング施設はあるんですよ! それに、今年の4月23日にも新たなグリーティング施設「ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル」まで、控えてるんですよ! たしかに、「ジャスミンのフライングカーペット」や「トイ・ストーリーマニア!」などのライドアトラクションも控えていますが、ダッフィーは道端でグリーティングしているから、それでいいんじゃないかと思うんですが・・・。 まあ、雨の日は出来ないので、それに関してはいいかもしれませんが。

個人的には、ディズニーシーなんだから、海とまでは言いませんが水のアトラクション、急流すべりがあってもいいかと思います。インディの奥地はまだ敷地があるので、将来的に作ってほしいなと思います。 グリーティング施設が増えるのも、やはり時代の流れでしょうか? 「ヴィレッジ・グリーティングプレイス」が導入されれば33施設となります。

やっと、題名の「海底2万マイル」の紹介に入ります。

このアトラクションは、ディズニーシーで唯一、海がテーマとなっているアトラクション。 シンドバッドやマーメイドラグーンのアトラクションも、テーマは海といったら、海ですが内容が濃いものではありません。

「海底2万マイル」は、フランス人のSF作家ジュール・ヴェルヌによって書かれた小説「海底2万里」がモデルとなったアトラクションです。

__

夜の写真でわかりにくいですが、この螺旋の通路を降りて行くと、乗り場に着きます。

天才科学者ネモ船長が発明した小型潜水艇に乗って海底世界を探検するアトラクション。 小型潜水艇は6人乗りで前、右、左と2人ずつに分かれています。それぞれの窓から見える景色は少しずつ違い、座る場所によって楽しみ方がちがいます。 手元のサーチライトで、海底を照らして見ることができます。

アトラクション中盤、あるアクシデントで、潜水艇は深海へと迷いこみます。 ゲストは無事に陸地に帰ってくることができるでしょうか? ってな感じで紹介は終わっときます。全部言ってしまうと、乗ったことのない人にはネタばれになって面白くないですしね。

このアトラクションにも、ファストパスが導入されていますが、基本、平日はあまり発券していません。混雑期の平日は別ですが・・・。

比較的、待ち時間は発生しませんが、混む時は、ばんばん混みます! 春休みやゴールデンウィークには3ケタの待ち時間が発生する場合もあります。

いつでも、空いてるわけではない事を分かったうえでパークに行って乗る場合は考えて行動してください。

« ガジェットのゴーコースター (1) | トップページ | 地震、大丈夫ですか? »

シー アトラクション」カテゴリの記事

コメント

どこが人見知りなん?(笑)happy01

学校では静かなほうやで!!

多分w

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429674/39182967

この記事へのトラックバック一覧です: 海底2万マイル (1):

« ガジェットのゴーコースター (1) | トップページ | 地震、大丈夫ですか? »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック