« 元気! | トップページ | ワンマンズ・ドリームⅡ-ザ・マジック・リブズ・オン (2) »

2011年3月21日 (月)

インディ・ジョーンズ®・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮 (1)

ちょっと、今日は早めの更新。

昨日はすいません(ρ_;) なんか、変な事書いちゃって・・・。 やっぱり、まだまだ子供です。 これから、ちゃんと勉強してどういう対応をしていけばいいかという事を身につけないとだめですね。 今日、ディズニーリゾートの運営を今後どうするか、発表されると思いますが、良い答えであろうと、悪い答えであろうと、それが今自分が行く道だと信じて、しんしに受けとめたいと思ってます。 こんな、管理人のブログですが、被災地のみなさんがこのブログを見て、少しでも笑顔になる事が出来たら、嬉しい限りです。

今日は、東京ディズニーシーのアトラクション「インディ・ジョーンズ®・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮」を紹介します。

Dsc03072_3

東京ディズニーシーの奥地にそびえたつ巨大神殿。ここの舞台は1930年代の中央アメリカ。 何世紀もの間、発見されなかったこの幻の神殿の中に「若さの泉」があるという噂を聞きつけた、観光客で今は大賑わいです。

インディ・ジョーンズの映画が元になったアトラクションです。

「若さの泉」を探す、魔宮ツアーへと、ゲストは参加します。このツアーはインディ・ジョーンズ博士が企画したのではなく、インディ・ジョーンズ博士の助手、パコが金もうけのために、企画しました。なので、アトラクション冒頭でもパコが注意を促す場面や、インディ・ジョーンズ博士が「なぜ、ここ来た!?」と忠告する場面もあります。

そう、この神殿の中は危険でいっぱい。この神殿の守護神「クリスタルスカル」の怒りに触れると、様々な災いがゲストを襲います。 レーザー光線がどこからともなく発射されたり、毒矢が行き交う所を通過したり、大蛇が襲って来たり、突然、前方から岩が転がってきたりとピンチの連続。 

オフロード車に乗ってゲストは神殿の奥深くに入っていきますが、「クリスタルスカル」は汚いものとうるさいものを嫌うのです。 つまり、「若さの泉」で身を清めてから入らないといけなかったのです。

その昔、この神殿の周りに住んでいた住民たちは「クリスタルスカル」の怒りをおさえるために、何人ものいけにえが犠牲になったのかわからないくらいいます。 上の写真を見たら分かる通り、あの階段を上って、てっぺんから神殿の中に飛び降りて、なくなった方はたくさんいます。 その、無残の姿が神殿に入った瞬間、目の前に広がります。 

Qラインで、骸骨がたくさん転がっている所があります。 12月に行った時、半分くらい骸骨が減っていたのですが・・・。

このアトラクションは、Qラインの部分からだいぶ凝った造りになっています。 並んでいる時も、飽きさせないです。

最後の場面では、写真を撮られます。 その写真が下の写真。

110321_105211

110321_105240

綺麗に撮れませんでした。 乗車後、すぐの所にあるショップ「エクスぺディション・フォトアーカイヴ」にて購入できます。 1枚、1260円。

このアトラクションは、子供から大人まで幅広い層で楽しむ事が出来るので、常に混雑しています。 混雑期の待ち時間は200分以上を超える事はよくあります。 FPはそんなに早く、発券が終了しないので、そちらを使って、乗車する事をオススメします。

__

A

夜の神殿もとても神秘的です。

また、この近くだは、ジョーンズ博士がグリーティングをしている事もあります。そちらも思い出として記念撮影などしてみてはいかがでしょうか?

« 元気! | トップページ | ワンマンズ・ドリームⅡ-ザ・マジック・リブズ・オン (2) »

シー アトラクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1429674/39310181

この記事へのトラックバック一覧です: インディ・ジョーンズ®・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮 (1):

« 元気! | トップページ | ワンマンズ・ドリームⅡ-ザ・マジック・リブズ・オン (2) »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック